相続発生する前にできること

財産評価

こんなお困りごとが解決できます!

お客様自身の財産金額と内訳、相続税が把握できます。

また毎年の収支分析により30年後までの相続税、所得税、法人税の推移が把握出来るようになります。

また②お客様に必要な相続対策を「相続対策提案書」として受け取ることができます。

内容

具体的には下記項目について診断し、提案を作成します。

<現状分析で把握できること>

・親族関係の確認

・総資産の把握

・不動産個別権利関係の確認

・不動産調査(法的規制、固定資産税)

・相続税評価額の査定(土地評価明細書に基づく評価)

・自社株式の査定

・時価評価額の査定(土地、建物とも売却想定時価)

・相続税額の確認と将来の年別金額推移

・関連法人の法人税と将来の年別金額推移

・関連親族の所得税と将来の年別金額推移

・所有収益不動産のCF分析、不動産所得の把握と将来の年別金額推移

・経済的収支の確認とCF分析

・関連親族のライフイベント(介護、年金受給)とCF分析

<提案から得られるもの>

・お客様が望む姿への将来提案

・実行した際の経済的収支の現状との比較

・税務上の負担額(法人税、所得税)と現状との比較

・納税資金の確保の検討

・概算経費の負担額の確認(登記費用、売却経費など)

・実行スケジュールの提案

費用(税別)

相続財産金額✕0.2%(最低10万円より)

期間(目安)

2〜6ヶ月(資産規模と内容によって変わります)

 

分割対策

公正証書遺言作成サポート

こんなお困りごとが解決できます!

公正証書遺言の作成によって、遺言者の意思に従った財産の処分を実現することが出来るようになります。

自筆証書遺言は、要件の不備や筆跡などにより無効になるケースも多いため、公正証書遺言をオススメします。

内容

当業務は財産評価で把握した現状分析や提案も考慮した上で、公正証書遺言作成をサポートします。

対応は法律系士業が担当し、遺言案作成と提案、公証役場との調整をします。

また作成にあたり必要な証人も手配します。

費用(税別)

対応する士業にもよるが、10万円〜(公証役場との調整と証人2名を含む)

期間

1〜2ヶ月(資産規模と内容によって変わります)

生命保険サポート

こんなお困りごとが解決できます!

生命保険金の非課税枠の利用によるお客様に合った節税方法を実現できます

また現金の生前贈与と受取者の保険契約を組み合わせることにより、節税と次世代の生活安心を実現します。

内容

当業務は財産評価で把握した現状分析や提案も考慮した上で、将来の相続対策やCF対策となる生命保険の提案や支援をサポートします。

実際の契約手続きは保険会社が対応いたします。

費用(税別)

各保険会社の保険契約の規定による

期間

1〜2ヶ月(資産規模と内容によって変わります)

 

民事信託契約作成サポート

こんなお困りごとが解決できます!

財産を渡す人、受ける側のご家族が合意の上で、将来の相続方法を決めることが出来るようになります

遺言は遺言者の意思のみで書き換えられるので、受ける側が知らないうちに遺言が書き換えられて争いになることもあるからです。

それに対して民事信託は契約なので契約者相互の協力があって成立するものなので、争いを少なくすることが出来ます。

内容

当業務は財産評価で把握した現状分析や提案も考慮した上で、民事信託契約作成をサポートします。

具体的には、法律系士業が対応いたします。

費用(税別)

対応する士業にもよるが、相続財産金額✕1%〜

期間

1〜6ヶ月(資産規模と内容によって変わります)

節税対策

土地活用サポート

こんなお困りごとが解決できます!

所有している土地をどう活かすことが、経済的にも家族の将来にとっても一番ベターなのか分かります。

また選択した活用方法を実現するためのサポートをします。

内容

当業務は財産評価で把握した現状分析や提案も考慮した上で、土地活用提案をサポートします。

土地の活用方法は、様々です。

戸建て、店舗、事務所、工場、倉庫、集合アパート、戸建賃貸住宅、駐車場、コンテナ設置、資材置場などの活用の他に、売却や贈与など選択肢は多岐に渡ります。

その選択肢を当方を情報収集して、将来の収支予測やかかる費用などを整理して、同じ基準の上でお客様に提案します。

費用(税別)

活用する不動産の相続税評価額✕1%

この他に活用した選択肢についての実費は別途かかります。

期間

1〜6ヶ月(資産規模と内容によって変わります)

 

よくある質問

Q. 相談にお金はかかりますか?
A. 初回相談は無料です。時間は2時間程度まで対応可能です。
Q. 相談にはどんな方法がありますか?
A. 面談を原則としていますが、ご要望により電話、メールなどでも対応可能です。
Q. 面談場所はどこですか?
A. 下記の事務所で対応しますが、ご要望によっては伺うことも可能です。

J-REC公認 大宮相続相談センター

330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目262-6ニューセンチュリービル2F すばる新都心内

さいたま新都心駅東口から徒歩3

事務所への道案内:http://omiya-souzoku.com/%E7%AA%93%E5%8F%A3%E6%A1%88%E5%86%85/

Q. 何を相談したらよいのか分からず、不安なだけなのですが、それでも相談に乗っていただけますか?
A. 当センターから必要な資料をお知らせしますので、その資料を持ってきていただければ、質問をさせていただくので、見えない不安を一つ一つが明確に出来ますので、ご安心ください。
Q. 地方に住んでいるのですが、相談対応できますか?
A. 対応可能です。ただし電話やメールの場合にはお伝えできる情報に制限もあることから、契約行為などの大事な場面では面談させていただくことをオススメ致します。
Q. 資料収集の代行や、不動産調査等の業務も依頼することができますか?
A. 可能です。ただし、内容により別途報酬が発生する場合もございます。
Q. 金融機関や税理士が提案する相続対策との違いは何でしょうか。
A. 一言で言うと、将来30年後までの相続税・収支を予測して見える化出来るという点です。

金融機関や税理士が提案する相続対策は、財産を評価して相続税を計算するのみという場合が多いです。

しかし今時点で相続が発生するものではありません。時間が経てば毎年の収支も変わり、それに伴い相続税は変化します。

当センターが大切にしているのは、財産金額や収入・支出も含めた未来を見せ、それに対するあらゆる可能性の将来の選択肢を提案できることです。

 

相談に必要な資料

用意できる範囲で下記の資料をお持ちください。

・ご家族の関係図

無い場合には、お聞き致します

・財産の一覧

預貯金が500万円ぐらいと大体でも構いません

・固定資産税通知書

もし無い場合には、住所がわかれば大丈夫です

・不動産の登記簿または権利書

無くても結構です

・確定申告書

・生命保険証券

・法人決算書

・過去の相続税申告書

 

ご相談の流れ

お客様の状況により若干手順が変わることがありますが、概ね下記の流れで対応させていただきます。