相続税対策として、親から建築資金の生前贈与をしてもらって家を建てる場合もありますが、リフォームによる方法も効果があります。

 

生前贈与だけではなく、必要なものにお金を使うのも相続税対策です

相続税対策の基本は、相続税を下げることです。と聞くと、特別なことをやらなければならないと思いますが、そうではありません。

親の代のうちに、必要なことをやっておくのが相続税対策です。

 

将来のことを考えて、リフォームする

リフォーム代を親の相続財産から支払えば、預貯金が減るので、相続税を減らすことができます。

例えば親自身がこれからの生活のためのバリアフリーをリフォームで実現することもできます。

 

リフォームして相続税対策をする場合にさらに大切なこと

単に家の不具合やバリアフリーをすると言うことも大切ですが、相続後の使い方も考慮してリフォームするとさらに相続税対策になります。

実際の事例ですが、親の実家をリフォームする際に、相続後に賃貸物件として2戸に分割して貸せるようにした例があります。そんな将来のことも考えてリフォームするといいですね。

 

まとめ

今回はリフォームを利用した相続税対策をご紹介しましたが、リフォーム以外にも土地の測量などを費用をかけて実施した方が良いかもしれません。またお墓が無い場合には、相続後にお墓を購入してもそれは葬式費用としては差し引くことは出来ません。

 

もし気になる方は、まず当センターにお気軽にご相談下さい。

他社にお願いする場合でも親切に心配な点を解消します。

――――――――――――――――――――――――

当センターの記事は、相続に初めて触れる方を対象として書いております。

そのため、正確に伝えることよりも分かりやすく伝えることを第一としておりますので、正しい用語や表現では無い場合もありますので、その点はご了承ください。

なお、この記事の内容を実行される場合には、最終的にはお客様ご自身の責任を持って実行していただきますようお願い致します。

・こちらの記事もおすすめです

→【さいたま市で相続手続きをする際にはこんなことを大切にして欲しいです!

さいたま市で相続手続きをする際にはこんなことを大切にして欲しいです!